• 無料体験 いつでもお問い合わせ下さい

そろばん【デジタルそろばん】

            

デジそろ【デジタルそろばん】

アーテックのこども向け教育学習の一つ「デジそろ」が当教室でも学習頂ける事になりました。
ここでは、次世代のそろばん教室「デジソロ」の紹介をしていきます。

目次

1デジソロとは?

2学習内容は?

3デジそろで段位検定をしない理由

3デジそろでしかできない3つの事

4デジそろグッズの紹介


デジそろとは?

①パソコンとそろばんを組みあわせたそろばん教室

パソコンを使いながら行う計算のトレーニングになります。
その為、その生徒さん毎の進度で学習を進めていけるのが特徴です。

②採点による待ち時間なし!

通常は一人一人の答えを 先生が採点する為
その間に「待ち時間」が発生します。
デジそろではパソコンで即時採点され 待ち時間なしで

すぐに次の問題に移れます。

そのため、
短時間で多くの問題を解く事ができ
せっかくの授業時間をむだにしないのが
デジそろの大きな特徴です。

③「百ます計算」の陰山メソッド監修

「百ます計算」などで数々の教育著書と実績を積み重ねて来られた 陰山メソッドの陰山英男さん監修の、「隂山式数トレ」と「珠算式計算」を組み合わせた 独自の速習プログラムです。

 

学習内容は?

5種類のカリキュラムと15段階のレベルアップ

「そろばんのきほん」や「フラッシュ計算」等が 学習内容毎に15級から1級までに区切られていて すごく簡単なところからレベルアップして進んでいきます。

そろばんの基本からやさしく

そろばんをどうやって使うのか。 計算をする前の段階から 分かりやすく、ゆっくり丁寧に教えてくれます。

クリアしたレッスンはいつでもおさらいできる

また、クリアした所はいつでもおさらいできるので 途中で分からなくなっても、わかる所からおさらいできるので お子さんにあったスピードで進めて行けます。

フラッシュ暗算・読み上げ算

そろばんの計算では当たり前の

フラッシュ暗算 読み上げ算・暗算が行えます。

通常の教室ではレベルが違う生徒さんがいる為

読み上げ算の一斉出題がしにくいとう問題があります

デジそろではイヤホンを使って行う為

それぞれのレベルにあった読み上げ算が できるようになっています

 

隂山式数トレ「百マス計算」や算数ゲームで子どもたちのやる気を刺激

すうトレでは
まだ数字になれていない子供でも基本が身につくように

かたてのともだち十マス計算から 段々難しくなり

「百ます計算」九九トレーニング等で
楽しみながらスピードや正確さ、集中力が伸ばせます。 

タイムトライアルで記録を付ける事で、 自分の学力が上がるのが分かります。

デジソロでしかできない事

①パソコンの基本操作に慣れる

パソコンのマウス、キーボード、テンキー(数字キー)の操作に慣れていき 計算力以外にも現代で役に立つITスキルが身につきます。

②今日の記録

その日の授業がすべて得点化され、 お子さんの学習記録や 細かな分析も行う事ができます。 毎回の授業の度にお子さんの「きょうのきろく」 をお渡ししますので 学習記録が目に見えるのが特徴です また、この記録をファイリングしていく事で 学習の経過がより分かりやすくなります。  

3デジそろグッズの紹介

デジそろではお子さんが学習しやすいように、操作しやすい大きめの学習キットを用意しています

デジそろばん 23桁大珠プラスチックそろばん

 

九九計算カード

九九下じき

デジそろでは段位検定を行いません

デジそろでそろばん検定(珠算段位検定)を行わない理由

実際の「珠算検定2級」に用いられる計算内容はどんなものかご存知でしょうか?

8桁x10行の足し算と引き算です。 8桁とはつまり1千万、数字だと10,000,000となります

「普段の生活」において、10,000,000単位(8桁)の計算が必要だったでしょうか

また、親御さんにおいては、お子さんがどの程度の問題をおこなっているか

詳しい進度までしっかり把握していないことが多いのも事実です。

 

デジそろの目的は右脳開発がメイン

デジそろの目的は、段位の取得ではなく右脳開発がメインとなり、暗算能力や計算能力を養います。
段位としては珠算検定2級暗算検定3級レベルの計算力を目指します。
※段位検定は教室では行いません。

その為、デジそろでは段位検定よりも、能力開発を主とした計算トレーニング方法を導入しています。

楽しみながら、普段の生活に大いに役立つレベルの計算力を伸ばしていく事で
学んだ事がしっかりと役立つ実感があり、その事がさらに学習意欲を伸ばしていく事につながります。

体験・学習の様子